高野寛『夢の中で会えるでしょう - season.2』



2015~17年にかけて6回に渡って開催され、後に書籍化もされた対談イベント「夢の中で会えるでしょう」の第2シーズンが8月からスタートします。実は今年の5月から再開を予定していたのですが、イベント自粛要請で中止となり、改めての再開となります。
一人目のゲストは曽我部恵一君。地に足のついた活動と時代を切り取るメッセージを続けてきた曽我部君に、今思うところをたっぷりお話してもらおうと思っています。
会場には今までの半分くらいの人数しか入れないので、争奪戦になってしまうかもしれません。記念すべき自粛後初めての自主イベント、とても楽しみです。

高野寛



イベントの開催をぎりぎりまで検討しておりましたが、最近の新型コロナ感染の再拡大の状況を受け、お客様の安全を第一に考え、無観客配信イベントへと変更することにいたしました。
楽しみに待ってくださっていた皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解・ご協力をお願いいたします。

購入はこちらから https://peatix.com/event/1577810/view
*購入期間は、8/4(火)12:00から9(日)18:30まで
*生配信 8/8(土)19:00-21:00/15(土)までアーカイブを視聴できます






 司会進行 高野寛
 ゲスト 曽我部恵一

 日時 8月8日(土)開場 19:00 / 開演 19:30

 前売 3,500円+1ドリンク *事前振込
 当日 4,000円+1ドリンク
 *当日券の販売予定はありません


ご予約方法 *定員に達したため現在キャンセル待ちの受付になります
*6/28(日)12:00から受付開始!(受付開始前のメールは無効です)
<メール予約> 件名を「8/8予約」とし、「お名前(ふりがな)、携帯番号、人数(2名様まで)、お連れ様のお名前」を添えて、メールにて下記アドレスまでお申し込みください。
<キャンセル待ちの受付も終了いたしました。ありがとうございました>

○メールを送信されると自動返信メールが届きます。受信拒否設定をされている場合、キチムからのメールが届きません。設定の変更するかまたは別のアドレスから再度送信してください。 再送の際には「再送」とご明記ください。
*こちらからはキャンセル待ちの方も含めて全員に返信しております。
○3日経ってもキチムからのメールが届かない場合、再度ご連絡ください。その際、別のアドレスをお持ちの方はあわせてご明記ください。
○料金は事前振込みとなります。振込みの確認が取れたところで予約が完了いたしますのでご注意ください。
○当日の開場時は整理番号順の入場となります。 整理番号は予約完了メールにてお知らせいたします。


企画制作:高野寛・キチム・ミルブックス






高野寛 たかの ひろし
1964年静岡県生まれ。1986年高橋幸宏、鈴木慶一主催のオーディションに合格したことをきっかけにTHE BEATNIKS のツアーにギタリストとして参加。1988年シングル「See You Again」でデビュー。1990年「虹の都へ」「ベステンダンク」がヒット。1995年~1996年トーク番組『土曜ソリトンSIDE-B』(NHK教育テレビ、現・Eテレ)で司会を担当。ソロ活動だけでなく、ギタリスト、プロデューサーとして多くのプロジェクトに参加。pupa、GANGA ZUMBA、Nathalie Wise 等、バンド活動も精力的に行う。2018年にデビュー30周年記念ベストアルバム『Spectra ~ 30th All time & Collaboration Best ~』、2019年には30周年記念アルバム「City Folklore」を発表。2020年には配信ライブの新しい形を模索するプロジェクト「新生音楽(シンライブ)」やbandcampでの新曲配信リリースなど、さまざまな取り組みに挑戦。著書に写真集『RIO』、対談集『夢の中で会えるでしょう』(ミルブックス)などがある。
https://www.haas.jp




曽我部恵一 そかべ けいいち
1971年8月26日生まれ。乙女座、AB型。香川県出身。'90年代初頭よりサニーデイ・サービスのヴォーカリスト/ギタリストとして活動を始める。1995年に1stアルバム『若者たち』を発表。'70年代の日本のフォーク/ロックを'90年代のスタイルで解釈・再構築したまったく新しいサウンドは、聴く者に強烈な印象をあたえた。2001年のクリスマス、NY同時多発テロに触発され制作されたシングル「ギター」でソロデビュー。2004年、自主レーベルROSE RECORDSを設立し、インディペンデント/DIYを基軸とした活動を開始する。以後、サニーデイ・サービス/ソロと並行し、プロデュース・楽曲提供・映画音楽・CM音楽・執筆・俳優など、形態にとらわれない表現を続ける。
http://www.sokabekeiichi.com