高野寛『夢の中で会えるでしょう - season.2』

ゲスト:宮沢和史



今年の夏から再開した対談イベント「夢の中で会えるでしょう」。シーズン2二人目のゲストは、古い友だちの宮沢和史君です。海外ツアーの思い出、コロナ禍のこと、今までとこれから...短い時間ではとても語り尽くせそうにありませんが、充実した対談になるはず。最後にセッションも予定しています。楽しみです。

高野寛


*新型コロナ感染の冬季の再拡大の可能性を鑑みて、第2回目も引き続き無観客配信イベントで開催いたします。





司会進行 高野寛
ゲスト 宮沢和史


日時 12月11日(金)19:30開演(1時間30分〜2時間程度の予定)
料金 2,000円
*販売期間 12月12日(土)18:30まで
*生配信後、12月18日(金)までアーカイブを視聴できます


配信視聴URLの購入はこちらから:キチムwebshop
○クレジットカードでのお支払いになります。ご使用できるカードは、Visa、Mastercard、American Express、JCB、Diners Club、Discover
○お客様のご都合によるキャンセルはできませんので購入の際にはご注意ください。
○購入後、ダウンロードリンクが記載されたメールを送信いたします。メールが届かない場合は、info@kichimu.la にお問い合わせください。3日経っても返信がない場合は他のアドレスからお問い合わせください。
○録音、録画、URLを第三者に教えることは禁止です。


企画制作:高野寛・キチム・ミルブックス






高野寛 たかの ひろし
1964年静岡県生まれ。1986年高橋幸宏、鈴木慶一主催のオーディションに合格したことをきっかけにTHE BEATNIKS のツアーにギタリストとして参加。1988年シングル「See You Again」でデビュー。1990年「虹の都へ」「ベステンダンク」がヒット。1995年~1996年トーク番組『土曜ソリトンSIDE-B』(NHK教育テレビ、現・Eテレ)で司会を担当。ソロ活動だけでなく、ギタリスト、プロデューサーとして多くのプロジェクトに参加。pupa、GANGA ZUMBA、Nathalie Wise 等、バンド活動も精力的に行う。2018年にデビュー30周年記念ベストアルバム『Spectra ~ 30th All time & Collaboration Best ~』、2019年には30周年記念アルバム「City Folklore」を発表。2020年には配信ライブの新しい形を模索するプロジェクト「新生音楽(シンライブ)」やbandcampでの新曲配信リリースなど、さまざまな取り組みに挑戦。著書に写真集『RIO』、対談集『夢の中で会えるでしょう』(ミルブックス)などがある。
https://www.haas.jp




宮沢和史 みやざわ かずふみ
1966年山梨県甲府市生まれ。THE BOOMのボーカリストとして1989年にデビュー以降、これまでにTHE BOOMとしてアルバムを14枚、ソロでは4枚、GANGA ZUMBAとしては2枚リリースしている。代表曲のひとつである「島唄」はアルゼンチンでの大ヒット(2001年)をはじめ、各国のミュージシャンにカバーされており、国境を越えて今なお世界に広がり続けている。デビュー25年を迎えた2014年に、THE BOOMの歴史に幕を閉じ、しばらくの充電期間を経て、2018年11月より本格的な歌手活動を再開。作家としても、石川さゆり、喜納昌吉、矢野顕子、夏川りみ、MISIA、岡田准一(V6)、島袋寛子、平原綾香、Kinki Kids、大城クラウディアなど、多くのミュージシャンに楽曲を提供している。
https://www.miyazawa-kazufumi.jp