原田郁子 & 角銅真実
おやつ、おやつ、ライブ!


角銅真実さん。
いつか一緒に音を出せたら、なにか?!?!☆◯△□%&!?!?生まれそうだなぁ、、、。そんな気持ちを、むくむくと膨らませて、密かに、去年から、あたためていました。

キチムライブ、ついに、です。

フィッシュマンズ × cero で行なった、闘魂2019。SWITCH × バルミューダ ソロライブでの飛び入りセッション。2月、3月に、思いがけず、ぎゅ、ぎゅっ、、と共演の機会がありました。

4月。熱が冷めぬうちに、おやつライブ(名づけ親・角銅さん)なるものを開催します。

身を寄せあい、音を味わい、おやつ食べたり、呑んだりしながら、過ごせたら、いいですね。

火曜日の夜ですが、
よかったら、どうぞ、お集まりください。

楽しみです。

原田郁子


 ■

drawing by Manami Kakudo  

郁子さん、郁子さん。
ちょっとお茶にしましょう
4月は夜もすっかり暖かいかしら、桜もちらほら咲いているかしら そしたらちょっと座って、焼き菓子に 暖かいお茶を用意します、ワインもいいですね。 冷たいビールはいつでも心に染み入りますけど、実は少しぬるいビールも好きなんですよ。
あら、いい歌が聴こえてえてきそうです。

角銅真実




出演 原田郁子角銅真実

日時 4月9日(火)
開場 18:45
開演 19:30

料金 3,800円(キチムのブラウニーとおやつ付き)+1ドリンク別 *銀行振込み


ご予約方法 *3月12日(火)18:00からご予約受付開始!
<メール予約> 件名を「4/9予約」とし、「お名前(ふりがな)、携帯番号、人数(3名様まで)、お連れ様のお名前」を添えて、メールにて下記アドレスまでお申し込みください。
yoyaku5@kichimu.la

○メールを送信されると自動返信メールが届きます。メールの受信拒否設定をされている場合、キチムからのメールが届きません。設定の変更するかまたは別のアドレスから再度送信してください。 再送頂いた際には「再送」とご明記ください。
○1週間経ってもキチムからのメールが届かない場合、再度ご連絡ください。その際、別のアドレスをお持ちの方はあわせてご明記ください。
○料金は事前振込みとなります。振込みの確認が取れたところで予約が完了しますのでご注意ください。
○開場時は整理番号順の入場となります。 整理番号は予約完了メールにてお知らせいたします。
○一部立ち見になります。あらかじめご了承ください。






原田郁子
福岡生まれ。1995年にスリーピースバンド『クラムボン』を結成。歌と鍵盤を担当。バンド活動と並行して、さまざまなミュージシャンと共演、共作、ソロ活動も精力的に行っている。2004年「ピアノ」、2008年「気配と余韻」「ケモノと魔法」「銀河」の4枚のソロアルバムを発表。2010年、吉祥寺のイベントスペース&カフェ『キチム』の立ち上げに携わる。2013年、タイの漫画家”タムくん”ことWisut Ponnimitと共作した音楽とアニメーションDVD作品「BAAN」を発表。劇団『マームとジプシー』の舞台「cocoon」(2013年&2015年)、舞台「めにみえない みみにしたい」(2018年)の音楽を担当。クラムボンは、2015年、結成20周年を機にメジャーレーベルから独立、自身のレーベル「トロピカル」よりミニアルバム「モメントe.p.」1~3(2016年、2017年、2018年)を発表。 流通を通さずライブ会場限定CDにサインをして一人一人に手渡ししていく”直売ツアー”を行う。尚、ツアー終了後も活動に賛同してくれる販売店を全国で募集しており、寿司屋、ラーメン屋、塾、鍼灸院など、ジャンルを問わず約300店が取り扱い、新しい広がりを見せている。2017年、初のクラウドファンディングにて「映画監督・岩井俊二氏による日比谷野外音楽堂ライブの映像化」を呼びかけ、200%の達成率で実現した。2019年は、神戸と両国国技館で行うイベント「Q」、静岡でのキャンプフェス「FUJI&SUN’19」、そして「FUJI ROCK FESTIVAL’19」への出演が決まっている。




角銅真実
長崎県生、音楽家 打楽器奏者。 打楽器、自身の声を用いて、バンドceroをはじめとする 様々なライブサポート・作品制作 に携わる他、CM、映画,ダンス作品の音楽制作など、作 家としての自由な表現活動を国内外で展開している。
2017年7月に1st ソロアルバム”時間の上に夢が飛んでいる”、2018年8月に2ndアルバ ム”Ya Chaika"をリリース。
2016年~ドラマー石若駿のSong book Projectでは作詞と歌唱で参加するほか、最近は、 ORIGINAL LOVEの新しいアルバムにパーカッションで参加、原田知世さんの新しいアル バム”L’Heure Bleue”に作詞家として二曲歌詞を提供しました。